お金が無いときの対処法にはどんなものがある?

MENU

お金が無いときの対処法は?一体どうする?

 

給料日までお金がない、今月はお金がピンチだ。
誰しも一度はお金が無いときを経験されたことがあるのではないでしょうか?

 

 

お金がなくなる理由は人それぞれですが、冠婚葬祭が重なってしまった、欲しいものを買いすぎてしまった、趣味やオシャレに費やしてしまった、友達と旅行に行った等など。

 

結局のところお金が無いときというのは収入以上にお金を使ってしまっているからですよね。

 

もちろん冠婚葬祭が重なったしまったなどやむを得ない事情でお金が無いときになることもありますが、基本的には私的な目的でお金を無駄に使ってしまっていることが殆どではないでしょうか?

 

...と、済んでしまったことをいつまでも気にしていても、お金が無いときの状態を解決することは出来ません。

 

今回はお金が無いときの対処法について見ていきたいと思います。

 

お金が無いときどうするか是非一緒に見ていきましょう。

 

 

お金が無いときは食事やご飯を節約

 

お金が無いときどうするかと聞かれ、真っ先に食費を削ると考える人が殆どではないでしょうか?

 

お金が無いときの対処法として大きな効果を期待できるのが食費の節約。

 

家計の中でも食費が占める割合というのは大きいですから、お金が無いときにはここを減らせればかなりデカイです。

 

では具体的にどのようにして食費を節約するのでしょうか?

 

 

方法は色いろあるかもしれませんが、上手く食費を節約できている人が共通して意識しているのが買い物の頻度です。

 

買い物は週に1度きりと決めており、まとめ買いで済ませているというのです。

 

スーパーは毎週特売を行っていますのでそれを狙って1週間分の食料を買い出しに行っているのです。

 

 

次に食費予算を1週間分決めてしまうことです。

 

例えば夫婦と就学前の子供2人の家庭であれば、1ヶ月にかかる食費は平均して約3万円前後となります。

 

1週間にかかる食費は大体6000円前後と言う事が分かります。

 

ということは買い物が1週間に1回ということは、1度の買い物で使う金額が大体6000円前後ということになります。

 

そして買い物前にメインのおかずだけを考えます。

 

これならお金が無いときでも楽ちんですし融通も効かせられます。

 

 

最近のスーパーではプライベートブランド商品を置いているのを多く見かけます。

 

醤油や酒、サラダ油、マヨネーズなどの調味料関係はプライベートブランドが多いです。

 

ご存知のようにプライベートブランドはナショナルブランドに比べ値段が安いですから、お金が無いときには今まで買っていたものをプライベートブランドに変えるだけでも節約に繋げることが出来ます。

 

 

そしてやはり外食よりも自炊を心がけることです。

 

外食は美味しくて簡単ですがどうしてもお金がかかるものです。

 

自分で御飯を作るのはちょっと面倒かもしれませんが、お金が無いときには少しでも食費を抑えるためにも頑張って自炊をしましょう。

 

 

光熱費を節約してお金が無いときを乗り切る

 

お金が無いときは光熱費を節約して乗り切ることも考えましょう。

 

節約が上手くいけば今後もそれを継続していくことでお金が無いときを超えて貯金をすることだって出来るようになりますので、これを機に節約を取り入れてみると良いです。

 

光熱費は主に電気・ガス・水道がありますが、ここではそれぞれのお金が無いときを乗り越えるための節約方法について紹介していきます。

 

 

まずは電気代です。お金が無いときでも簡単にできる方法です。

 

家電には毎日使うものとそうでないものがあるかと思いますが、実は使いかたによってかかる電気代が大きく違って来ます。

 

家電の使いかたを見なおして実行すれば年間で30000円ほどの節約にもなるとされているんですよ。お金が無いときには重要ですね。

 

例えば真夏のエアコン使用は設定温度を28度、冬は20度に設定するだけでも電気代を抑えることが出来るので、お金が無いときには多少の我慢も必要かもしれません。。

 

他には洗濯機を電気代が安い時間帯に使用するようにすれば年間で9000円近くもの節約になります。

 

お金が無いときにはかなり使えるのが、電気代を節約する上で欠かせないのが電気料金プランの見直しです。

 

今契約している電気料金のプランが本当に自分のライフスタイルにあっていると自身を持って言い切れますか。

 

お金が無いときは特にそうですが、電気料金を自分のライフスタイルに合ったプランに変更することで年間15000円以上の節約になることだってあるんですよ。

 

 

次にお金が無いときにもやっておきたいガス代の節約です。

 

例えばお風呂の入り方を変えるだけで年間6000円近くの節約に繋げることも可能です。

 

1回追い焚きする毎にガス代がかかりますのでこれの回数を減らすこと。

 

お金が無いときにはシャワーの使用時間を決め出来るだけ短めにすること、出しっぱなしなど無駄な使いかたを止めるだけでも節約に貢献できます。

 

料理の仕方を工夫するだけでもガス代のかかる費用は違って来ます。

 

ガスには主に2種類ありプロパンガスよりも都市ガスのほうが料金は圧倒的に安いです。

 

ですから可能であればお金が無いときのタイミングでプロパンガスから都市ガスに変更すると大きく節約させることが出来ますよ。

 

 

最後に水道代です。

 

水道の場合、まずはキッチンの使いかたを見なおしてみましょう。お金が無いとき以外にも意識したいです。

 

実は食器は手で洗うよりも食洗機を使うほうが水道代を節約することが出来ます。

 

上手くいけば年間で8000円前後の節約につながるのでお金が無いときにはありがたいですね。

 

他には洗濯物を少量ずつではなくまとめて洗ったり、入浴の際はシャワーの出しっぱなしを止めるなどしても節約効果はあります。

 

 

どうしてもお金が無いときはカードローン

 

どうしてもお金が無いときはカードローンで一時的に凌ぐことを検討してみると良いでしょう。

 

カードローンは基本的に職業や雇用形態ので威厳がありませんのでパートやアルバイト、主婦の方でもお金が無いときでも利用することが出来ます。

 

参考ページ⇒主婦がお金を借りるために必要な条件は?

 

 

勿論、審査に通らないとお金を借りることは出来ませんので、誰でも簡単にとはいきません。

 

カードローンは取扱う金融機関によって特徴が異なりますので、お金が無いときの自分の状況に適したものを選ぶことが大切です。

 

カードローンは大きく分けて銀行系と消費者金融系に分かれますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

銀行カードローンは低金利かつ高額融資が消費者にとって大きなメリットと言えます。

 

金利が低ければそれだけ支払う利息は少なくて済み、その分早く完済させることが出来ます。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1を超える借り入れも可能です。

 

総量規制についてはココを参考に⇒お金を借りる際の「総量規制」ってなんですか?

 

 

ですからお金が無いときというよりは、まとまった資金が必要な時や、前もってお金を借りる必要があり計画的に借り入れする方向けのカードローンです。

 

逆にデメリットは審査基準が厳しいこと、お金が無いときでも融資までに時間がかかることです。

 

カードローンは金利が低くなるほど貸付リスクが高くなるため、少しでもリスクを抑えるためにより確実に返済可能な人にのみ貸付する必要があり、その為にも審査基準を厳しく設定しています。

 

銀行カードローンの審査が厳しいと言われるのは金利が低い事が大きく、金利が低ければ低いほどハードルは高くなります。

 

審査が厳しいということはそれだけ時間をかけて慎重に行うということでもあり、どうしても時間を要します。

 

銀行カードローンでも即日融資に対応している所はありますが基本的には時間がかかるものと思ったほうが良いです。お金が無いときですぐほしい時には向いていませんね。

 

 

一方で消費者金融は銀行に比べ金利がめちゃくちゃ高いです。

 

消費者金融は一般の銀行からお金を借りて消費者に貸し付けるため必然的に金利は高く設定せざるを得ません。

 

消費者金融が銀行と同じ金利設定にするのはかなり無理があり、出来なくもないですが収益が少なくなりますので、銀行と同じ金利で貸し付けることは先ずありません。

 

もちろん借入限度額が高くなれば金利は低くなりますが、消費者金融は総量規制の対象ですから年収の3分の1を超える借り入れが出来ませんので、お金が無いときでも高額借り入れが難しいです。

 

消費者金融のメリットは対応が早く使い勝手が良いことにあります。

 

お金が無いときにすぐ使えるのはありがたいですね。

 

金利が高い文申し込みから融資実行までの対応がとってもスピーディーで業者によっては申し込みから1時間で融資実行可能なところもあるほどです。

 

この様に金利が高くても即日融資のニーズが高いため、お金が無いときなど消費者金融の利用者は非常に多いのです。

 

 

カードローンを利用するためには審査に通らなければいけませんが、審査通過するにも何かコツみたいなものはあるのか気になるところ。

 

審査基準は基本的に公表されていませんので具体的なことは分かりませんが、実は審査で重視する部分はある程度共通しています。

 

 

まずは返済能力です。

 

お金が無いときであっても、収入が安定的であるかどうか、カードローンの審査では申込者の収入を重視しています。

 

ポイントは安定しているかどうかで、お金が無いときかどうかよりも、収入がない月があったり金額が上下するような方は審査に通りません。

 

 

2つ目に信用力です。

 

今お金が無いときかよりも、ローンやクレジットカードの支払をキチンと出来ているかどうか、これを審査では重視しています。

 

支払期日を守れないような人は信用できませんからそのような人には貸付けしません。

 

ローンやクレジットの利用履歴は信用情報機関に記録されていますので嘘をついても直ぐにバレる仕組みになっています。

 

申告は正直にしましょう。

 

参考ページ⇒カードローン審査では嘘をつくと必ずバレる?

 

 

 

お金が無いときの対処法としてカードローンでの借り入れは良いですが、安易に申し込みをせずきちんとシュミレーションをし毎月無理なく返済できるのか、お金が無いときでも大丈夫か、計画立てすることが大切です。

 

今月だけといったように一時的にお金が無いときなのであればカードローンで凌ぐのはありですが、お金が無いときが毎月続くようであればカードローンでその月はしのげても来月には返済の支払いもしなければいけませんから更に苦しい生活を送るは目になりお金が無いときが増えるだけです。

 

カードローンを安易に使ってしまうと、やがては自己破産の道をたどることになってしまう恐れがありますので、お金が無いときでも申し込みする前にしっかりと計画立てするようにしてください。