カードローン審査で嘘をつくとバレるのでしょうか?

MENU

カードローン審査では嘘をつくと必ずバレる?

「カードローンで嘘をつくとどうなるの?」
「そもそも嘘ってバレるの?」

 

カードローンやキャッシングの審査を受ける際こんなふう気になったことがあるという方は意外と多いのではないでしょうか?
嘘を付くのは人としてどうかと思いますが、残念ながら虚偽の申告をしてしまう人はいます。
何故ウソを付くのか、その理由は簡単なことで審査に通りたいからです。
少しでも審査に有利になるよう年収を水増ししたり、他社借入があるのに無しで申告したりとして申込みしてしまう人は少なからずいます。
誰だって申し込むからには審査に通りたいと思うことでしょうし、そのために多少嘘をつきたくなる事情は分からなくもないです。
要はバレなきゃ良いんだと思っている人もいることでしょう。
しかし本当に嘘はばれないのでしょうか?
そこで今回はカードローンの審査で嘘をつくとバレルのか、この事について紹介していきたいと思います。

 

カードローン審査で嘘はほぼバレる

 

カードローンは相手を信用してお金を貸す仕組みです。
だからこそ担保と保証人を必要としていません。
それにも関わらず嘘をつくのは相手を裏切ることにほかなりません。
しかしそうはいっても嘘をついてもバレなければ良いんだと考える人が中にはいらっしゃいます。
ではカードローン審査では嘘はばれないのでしょうか?

 

結論から言いますと審査で嘘はほぼ間違いなくバレます。
嘘がバレれば当然審査には通りませんし同時に信用を無くします。
何故嘘をついたことがバレルのか?それには信用情報機関の存在が大きいです。
信用情報機関では個人のローンやクレジットの利用履歴つまり信用情報を管理しています。
金融業者は信用情報機関に加盟しており、審査時には信用情報機関を通して申込者の信用情報を確認しています。
信用情報を確認すれば借入状況などの情報が出てきます。

 

例えばAさんが△△△という消費者金融にカードローンの申し込みをして30万円の借り入れをしたとします。
すると△△△は加盟している信用情報機関にAさんのローンに関する情報を申告し記録されます。
次にAさんは〇〇○という消費者金融にカードローンに申し込んだとします。
しかしAさんは審査に通りたいがために△△△から借り入れしていることを伏せて申込みしました。
〇〇〇はAさんの信用情報を確認するために信用情報機関に開示請求しAさんの信用情報を確認します。
先に申込みした△△△は信用情報機関に申告をしていますので当然Aさんが△△△から借り入れしているという事実が記録に残っています。
この様に信用情報機関に記録される信用情報は共有されていますので、嘘をついても直ぐにバレルようになっているのです。

 

審査で嘘を通すためにアリバイ会社は絶対に使用しないこと

 

カードローン申込者の中にはアリバイ偽造会社を使う人もいます。
アリバイ偽造会社とは、実際にはその会社で働いていない人をあたかも働いているように見せかけるサービスを提供している会社です。
具体的には電話応対や偽の在籍証明書や給与明細書の作成を行なっています。

 

カードローンの審査では必ず在籍確認が行なわれます。
確認の方法は勤務先へ電話連絡という形を取ります。
これを行なうことで申し込み者が働いていることの確認が出来、収入があるということが分かります。

 

当然無職の人は会社に在籍していませんので確認のとりようがなく審査には通りません。
だからこそアリバイ偽装会社を使って申し込みするのです。

 

しかしこのような行為は詐欺未遂罪に該当するものです。
これによって契約してしまえば詐欺罪が成立し10年以下の懲役となります。
しかもお金をだまし取ろうとしているわけですから当然金融機関から損害賠償請求されることでしょう。

 

審査に通りたいがために嘘を付いてしまったことで人生を台無しにしてしまうことだってあります。
何にでも言えることですが、カードローンの申し込みでは絶対に嘘を付かないでください。